日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クドカン作品初出演の満島ひかり 学園コメディーで新境地?

 10月から放送される日曜劇場「ごめんね青春!」(TBS系)で女子高教師を演じる満島ひかり(28)。脚本は宮藤官九郎(44)で、社会現象となった朝ドラ「あまちゃん」後、初の作品となる。

 何年も前からクドカンとプロデューサーの磯山晶氏が温めてきた企画。「男子校と女子校が合併して共学になる」という学園ドラマだ。

 クドカンは「初の学園ドラマということで、自分に課したテーマは『いじめも体罰も学級崩壊もなく、ただ漫然と1クールを描き切る』こと。世知辛く息がつまる昨今の学校教育の現実を無視するわけではありませんが、せめてドラマの中の学校ぐらいは、平和で楽しく、賑やかでもいいんじゃないかと思っています」とコメント。社会性ゼロの“クドカンワールド”が炸裂する。

 そんな中、注目が集まっているのがヒロインの満島。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事