パソナに廃校を無償譲渡 淡路島が見直す“タダならぬ関係”

公開日: 更新日:

 ASKA被告(56)と一緒に逮捕されたパソナ関連会社元社員の栩内香澄美被告(37)の第2回公判が先週開かれたが、改めて驚かされたのが、ASKA事件の注目度の高さだ。栩内被告を一目見ようと1000人以上が傍聴券を求めて列をなした。

 そんな最中、兵庫県淡路市が今ごろになってパソナとの「タダならぬ関係」を見直そうとしていることが分かった。日刊ゲンダイ本紙が“パソナ島”と報じた淡路市は、門康彦市長がパソナグループの迎賓館「仁風林」に招かれたりしていて、パソナとズブズブなのだが、その淡路市は4年前、廃校にした「野島小学校」をパソナに無償譲渡、約2億3000万円の税金で建てた建物を、タダでプレゼントした。

 パソナは小学校をカフェやイタリア料理が楽しめる施設に改修し、観光スポットとして2年前にオープンさせた。今では観光客がひっきりなしに訪れている。投資ゼロで濡れ手で粟のパソナはホクホクだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  4. 4

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る