• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パソナに廃校を無償譲渡 淡路島が見直す“タダならぬ関係”

 ASKA被告(56)と一緒に逮捕されたパソナ関連会社元社員の栩内香澄美被告(37)の第2回公判が先週開かれたが、改めて驚かされたのが、ASKA事件の注目度の高さだ。栩内被告を一目見ようと1000人以上が傍聴券を求めて列をなした。

 そんな最中、兵庫県淡路市が今ごろになってパソナとの「タダならぬ関係」を見直そうとしていることが分かった。日刊ゲンダイ本紙が“パソナ島”と報じた淡路市は、門康彦市長がパソナグループの迎賓館「仁風林」に招かれたりしていて、パソナとズブズブなのだが、その淡路市は4年前、廃校にした「野島小学校」をパソナに無償譲渡、約2億3000万円の税金で建てた建物を、タダでプレゼントした。

 パソナは小学校をカフェやイタリア料理が楽しめる施設に改修し、観光スポットとして2年前にオープンさせた。今では観光客がひっきりなしに訪れている。投資ゼロで濡れ手で粟のパソナはホクホクだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る