ASKAとの“淫らな性”告白…栩内被告「無罪」の可能性も?

公開日:  更新日:

 男性記者からは「背中のラインがそそる」なんて声も漏れていた――。

 22日、覚醒剤取締法違反(使用)で起訴されたASKA(本名・宮崎重明)被告の愛人・栩内香澄美被告(37)の初公判が東京地裁で開かれた。傍聴券の競争率45倍の法廷内では、栩内被告がASKAとの“生々しい性行為”を告白。ベールに包まれた愛欲生活の一部が垣間見られた。

「鑑定のミスか、第三者が何らかの方法で私の体に摂取させた」と、か細い声で無罪を主張した栩内被告。胸元にフリルのついたストライプのブラウスに、紺の七分丈のパンツで登場、裁判官や検察官の言葉に顎を突き上げ大きな瞳でジッと見つめていたのが印象的だった。

 冒頭陳述によれば、栩内被告とASKAの出会いは2002年。当時の勤務先関係者の出席する食事会で知り合い、04年には交際がスタートしたという。弁護側によれば、栩内被告の部屋は26平方メートルのワンルーム。ASKAとの密会時には〈邪魔されたくないから、インターホンのブレーカーを切っていた〉そうで、濃密な2人の時間を楽しんでいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る