執行猶予も妻、愛人に見放され…ASKAを待つ厳しい現実

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反の罪で起訴されたASKA被告(56=本名・宮崎重明)の判決が12日、東京地裁で言い渡された。懲役3年、執行猶予4年の有罪判決だった。

 この日、21席の傍聴券を求めて並んだのは1074人。裁判は約10分で閉廷した。判決前に言い残したことを尋ねられたASKA被告は、小さくかすれた声で「いえ、ありません」と答えた。

 長すぎる袖丈の黒のスーツに黒縁メガネ。髪はボサボサで、手をブラブラさせて入廷する姿にかつての“面影”はなかった。

■判決の評価

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)はこう言う。「妥当なところではないでしょうか。反省の弁などが、信用された。今後は自助の責任で、更生のための努力をしていけるとの判断だったのでしょう」

 一方、弁護士の紀藤正樹氏は「やや軽い」と評した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る