執行猶予も妻、愛人に見放され…ASKAを待つ厳しい現実

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反の罪で起訴されたASKA被告(56=本名・宮崎重明)の判決が12日、東京地裁で言い渡された。懲役3年、執行猶予4年の有罪判決だった。

 この日、21席の傍聴券を求めて並んだのは1074人。裁判は約10分で閉廷した。判決前に言い残したことを尋ねられたASKA被告は、小さくかすれた声で「いえ、ありません」と答えた。

 長すぎる袖丈の黒のスーツに黒縁メガネ。髪はボサボサで、手をブラブラさせて入廷する姿にかつての“面影”はなかった。

■判決の評価

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)はこう言う。「妥当なところではないでしょうか。反省の弁などが、信用された。今後は自助の責任で、更生のための努力をしていけるとの判断だったのでしょう」

 一方、弁護士の紀藤正樹氏は「やや軽い」と評した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る