日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

執行猶予も妻、愛人に見放され…ASKAを待つ厳しい現実

 覚醒剤取締法違反の罪で起訴されたASKA被告(56=本名・宮崎重明)の判決が12日、東京地裁で言い渡された。懲役3年、執行猶予4年の有罪判決だった。

 この日、21席の傍聴券を求めて並んだのは1074人。裁判は約10分で閉廷した。判決前に言い残したことを尋ねられたASKA被告は、小さくかすれた声で「いえ、ありません」と答えた。

 長すぎる袖丈の黒のスーツに黒縁メガネ。髪はボサボサで、手をブラブラさせて入廷する姿にかつての“面影”はなかった。

■判決の評価

 日大名誉教授の板倉宏氏(刑法)はこう言う。「妥当なところではないでしょうか。反省の弁などが、信用された。今後は自助の責任で、更生のための努力をしていけるとの判断だったのでしょう」

 一方、弁護士の紀藤正樹氏は「やや軽い」と評した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事