ASKA 覚醒剤との決別“最大のハードル”は「女と性欲」

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ連載 「芸能界クロスワード」】

 芸能界に薬物汚染が喧伝されだした頃のこと。2度の覚醒剤で実刑を受けていた元芸能関係者と出所直後、会う機会があった。

「塀の中で規則正しい生活をしていたので太りました」と笑ったが、むしろ健康的にも見えた。しかし、髪の毛は艶がなくパサパサ。「焼き肉が食べたい」と夢中でパクついていた歯が隙間だらけなのだ。とても40代前半の人の歯とは思えない。

「髪も歯も覚醒剤の後遺症だと思います」という。

 歯は歯科医で治せるだろうが、問題は覚醒剤にむしばまれた体を治せるか――。

「覚醒剤だけならやめることができると思いますが、問題は女です」

 彼は2度とも女性と一緒に覚醒剤で逮捕された。「覚醒剤と女」は切り離せない関係にあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る