ASKA 覚醒剤との決別“最大のハードル”は「女と性欲」

公開日:  更新日:

【日刊ゲンダイ連載 「芸能界クロスワード」】

 芸能界に薬物汚染が喧伝されだした頃のこと。2度の覚醒剤で実刑を受けていた元芸能関係者と出所直後、会う機会があった。

「塀の中で規則正しい生活をしていたので太りました」と笑ったが、むしろ健康的にも見えた。しかし、髪の毛は艶がなくパサパサ。「焼き肉が食べたい」と夢中でパクついていた歯が隙間だらけなのだ。とても40代前半の人の歯とは思えない。

「髪も歯も覚醒剤の後遺症だと思います」という。

 歯は歯科医で治せるだろうが、問題は覚醒剤にむしばまれた体を治せるか――。

「覚醒剤だけならやめることができると思いますが、問題は女です」

 彼は2度とも女性と一緒に覚醒剤で逮捕された。「覚醒剤と女」は切り離せない関係にあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る