ASKA 覚醒剤との決別“最大のハードル”は「女と性欲」

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ連載 「芸能界クロスワード」】

 芸能界に薬物汚染が喧伝されだした頃のこと。2度の覚醒剤で実刑を受けていた元芸能関係者と出所直後、会う機会があった。

「塀の中で規則正しい生活をしていたので太りました」と笑ったが、むしろ健康的にも見えた。しかし、髪の毛は艶がなくパサパサ。「焼き肉が食べたい」と夢中でパクついていた歯が隙間だらけなのだ。とても40代前半の人の歯とは思えない。

「髪も歯も覚醒剤の後遺症だと思います」という。

 歯は歯科医で治せるだろうが、問題は覚醒剤にむしばまれた体を治せるか――。

「覚醒剤だけならやめることができると思いますが、問題は女です」

 彼は2度とも女性と一緒に覚醒剤で逮捕された。「覚醒剤と女」は切り離せない関係にあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る