• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また落選でもメゲず…正統派「ハルキスト」の必要十分条件

 今年も「ノルウェイの森」に程近いスウェーデンから朗報は舞い込まなかった。村上春樹(65)のノーベル文学賞はまたもお預け。これに最も落胆しているのが、約80万人の自民党員より多い、全国100万人(推定)の“ハルキスト”たちだ。

 今回、最もショックを受けているのは、増刷を狙った出版社より、全国の村上ファンたち。ハルキストとは、村上春樹の熱狂的なファンのこと。単なる読者の枠にとどまらず、村上自身の生きざま、著作物から多大な影響を受け、生活スタイルまで真似る人たちだ。代表作「1Q84」の購買層は男女比で45対55だが、ハルキストの9割は女性とされる。

 村上春樹といえば、好きか嫌いか両極端に分かれる作家だが、隠れハルキストを見分けるのは意外と簡単だ。

 例えば、「わたし、コーラをかけたホットケーキが好き」という女性がいれば、間違いなくハルキストだ。このゲテモノ的な料理は、村上の処女作「風の歌を聴け」に登場していて、村上ファンはこんな食べ方をする。ツウは、村上ファンが集う東京・荻窪にあるジャズカフェ「6次元」でこれを食べる。ここは、以前、村上が作家になる前に経営していた「ピーターキャット」を再現した店だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る