また落選でもメゲず…正統派「ハルキスト」の必要十分条件

公開日:  更新日:

 今年も「ノルウェイの森」に程近いスウェーデンから朗報は舞い込まなかった。村上春樹(65)のノーベル文学賞はまたもお預け。これに最も落胆しているのが、約80万人の自民党員より多い、全国100万人(推定)の“ハルキスト”たちだ。

 今回、最もショックを受けているのは、増刷を狙った出版社より、全国の村上ファンたち。ハルキストとは、村上春樹の熱狂的なファンのこと。単なる読者の枠にとどまらず、村上自身の生きざま、著作物から多大な影響を受け、生活スタイルまで真似る人たちだ。代表作「1Q84」の購買層は男女比で45対55だが、ハルキストの9割は女性とされる。

 村上春樹といえば、好きか嫌いか両極端に分かれる作家だが、隠れハルキストを見分けるのは意外と簡単だ。

 例えば、「わたし、コーラをかけたホットケーキが好き」という女性がいれば、間違いなくハルキストだ。このゲテモノ的な料理は、村上の処女作「風の歌を聴け」に登場していて、村上ファンはこんな食べ方をする。ツウは、村上ファンが集う東京・荻窪にあるジャズカフェ「6次元」でこれを食べる。ここは、以前、村上が作家になる前に経営していた「ピーターキャット」を再現した店だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る