きたろうが語る マネジャー募集条件に「酒好き」加えた真意

公開日: 更新日:

 マネジャー募集の条件を「酒が飲めること」にしたほどの酒好きタレント・きたろう。演技論を戦わせてのケンカや終電乗り過ごしは数えきれないという。66歳の今も毎日のように日本酒を愛で、焼酎に舌鼓を打つ。酒神バッカスとの上手な付き合い方を身につけたというが……。

■「シティーボーイズ」大竹まこと、斉木しげる、妻まで下戸で…

 俺のルーツは地酒の宝庫・秋田県角館なんですよ。たまに親戚の家に行くと、昼間から酒でもてなす伝統があって、さんざん飲んでいざ帰ろうって時でも、「もう一杯、いかがですか?」って引き留める。そうしないと「アイツはケチだ」って言われるような、そんな土地柄で育ちました。

 当然、親父は一升酒もペロリというほどの酒豪です。そのDNAを引き継いだ俺も人生から酒を取ったら、たぶん半分はなくなっちゃうんじゃないかってぐらいイキますね。セリフを覚えるときも、チビチビ飲りながらのほうが頭に入りやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る