きたろうが語る マネジャー募集条件に「酒好き」加えた真意

公開日:  更新日:

 マネジャー募集の条件を「酒が飲めること」にしたほどの酒好きタレント・きたろう。演技論を戦わせてのケンカや終電乗り過ごしは数えきれないという。66歳の今も毎日のように日本酒を愛で、焼酎に舌鼓を打つ。酒神バッカスとの上手な付き合い方を身につけたというが……。

■「シティーボーイズ」大竹まこと、斉木しげる、妻まで下戸で…

 俺のルーツは地酒の宝庫・秋田県角館なんですよ。たまに親戚の家に行くと、昼間から酒でもてなす伝統があって、さんざん飲んでいざ帰ろうって時でも、「もう一杯、いかがですか?」って引き留める。そうしないと「アイツはケチだ」って言われるような、そんな土地柄で育ちました。

 当然、親父は一升酒もペロリというほどの酒豪です。そのDNAを引き継いだ俺も人生から酒を取ったら、たぶん半分はなくなっちゃうんじゃないかってぐらいイキますね。セリフを覚えるときも、チビチビ飲りながらのほうが頭に入りやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る