お笑いコンビ「バイきんぐ」 かけ合いで語った酒飲みの“格差”

公開日: 更新日:

 人気の個性派コントコンビ、バイきんぐ。先日、坂口杏里とフライデーされた小峠英二(38)と、若手時代に立ち飲みしていた西村瑞樹(37)では、飲み方に格差があるという。

西村 最初にお酒を飲んだのは、高校の時とかに親が外出してる家に友達6人くらい集まって酒盛りやった時。若気の至りですみません。

小峠 僕も学生時代に友達とですけど、周りは「ビールうまい」と言ってるのに、僕は「苦いし、まずい」と思いながら付き合いで飲んでました。福岡の日本酒や焼酎も、僕は味覚がまだ子供で飲めなかった。だからか大阪でNSC(養成所)に入った時、初めて飲んだカルアミルクにハマった(笑い)。僕、甘いものが好きなので。

西村 初めて若手芸人のライブに出られた後の打ち上げで、「俺たちも“面白いアピール”をしなくちゃ!」と意気込み、先輩に負けじとボケをかましてた。だんだんエスカレートしたら小峠も火がついたらしく、空のビールジョッキ持って消えた。戻ってきた時、ビールジョッキにウンコ入ってた! 見事な一本グソ。みんなドン引きですよ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  10. 10

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る