野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第5回>降旗監督が「もう一度」といった最初で最後のシーンがある

公開日:  更新日:

【あなたへ (2012年・東宝)】

「あなたへ」は結果的に高倉健の遺作となった映画である。妻(田中裕子)に先立たれた刑務所の指導技官(高倉健)が遺骨を携え、自分の車で富山から平戸までを旅するロードムービーだ。印象的なのは亡くなった妻の故郷、平戸の薄香湾に散骨するシーンである。高倉健の映画には、こうした一幅の絵のような忘れられないシーンが必ずある。

「あなたへ」は出てくる俳優陣が豪華だ。ビートたけし、大滝秀治、長塚京三、原田美枝子、佐藤浩市、浅野忠信、綾瀬はるか……。見ていると、それぞれの俳優、女優が高倉に向かって演技しているように見える。

 出演者は大物ばかりで、映画に出てくる風景は美しい。しかし、物語は平坦で、ショッキングな出来事、立ち回りのシーンなどは一切ない。

 撮影時、高倉健は「あなたへ」について、次のように語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る