野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第3回>態度がデカい記者、気を乱す部外者に厳しい視線

公開日: 更新日:

【鉄道員(ぽっぽや) (1999年・東映)】

 原作は浅田次郎。直木賞受賞作である。高倉健が演じたのはローカル線の駅長。「健さん」といえば背中に唐獅子牡丹を背負った侠客のイメージが強いが、本人は「市井の人の役に引かれる」と言ったことがあった。彼は本作と、焼きトン屋の主人を演じた「居酒屋兆治」(1983年・東宝)を気に入っていたのだろう。

 この映画のロケは北海道、根室本線の幾寅駅で行われた。氷点下15度近い戸外で連日、撮影があり、雪も降っていた。それなのに、高倉健は建物の中に入ることもなく、腰かけることさえしなかった。スタッフ、共演者がいくら勧めても、「現場のにおいをかいで、楽しんでいるんだ」と言っていた。

 わたしには忘れられないシーンがある。現場の囲み取材で、高倉健は「きびしくてやさしい」人柄を見せた。囲み取材の場所ではなぜか新聞社、テレビ局といった大企業の人間が当たり前のように、その場を仕切る。そして、彼らはものすごく態度がデカい。一方、スポーツ新聞、夕刊紙、フリーランスのジャーナリストといった人々は、なかなか質問することができない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る