野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第1回>訃報の日に甥からメール「伯父は厳しく優しかった」

公開日:  更新日:

【八甲田山 (1977年・東宝)】

 高倉健が亡くなったと発表のあった日、彼の甥からメールをもらった。

「伯父は厳しくてやさしい人でした」

 このメールほど、彼の人柄を表しているものはない。人間としても役者としても厳しくてやさしいのが高倉健だ。

 彼の言葉を記録した『高倉健インタヴューズ』(プレジデント社)は完成までに18年かかった。ただし、インタビューしたのは10回だけ。それでも、関係者からは「10回も会うことができたのは幸せだ」と言われた。なんといっても、「初対面の人は1年に3人」という人なのだから。

 そして、本書には本人が「この映画に出たことが忘れられない」と語る作品がいくつか載っている。そのなかから、彼自身が語る見どころを紹介したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る