野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第1回>訃報の日に甥からメール「伯父は厳しく優しかった」

公開日: 更新日:

【八甲田山 (1977年・東宝)】

 高倉健が亡くなったと発表のあった日、彼の甥からメールをもらった。

「伯父は厳しくてやさしい人でした」

 このメールほど、彼の人柄を表しているものはない。人間としても役者としても厳しくてやさしいのが高倉健だ。

 彼の言葉を記録した『高倉健インタヴューズ』(プレジデント社)は完成までに18年かかった。ただし、インタビューしたのは10回だけ。それでも、関係者からは「10回も会うことができたのは幸せだ」と言われた。なんといっても、「初対面の人は1年に3人」という人なのだから。

 そして、本書には本人が「この映画に出たことが忘れられない」と語る作品がいくつか載っている。そのなかから、彼自身が語る見どころを紹介したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る