「宙ガール」刊行の篠原ともえ 「“星の王子様”いまはいない」

公開日:  更新日:

 個性的なキャラクターとファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原ともえ(35)。最近はドラマや映画で女優の顔を見せる一方、「天文宇宙検定3級」を持つほどの星好きという一面も。その趣味が高じ「宙ガール☆篠原ともえの『星の教科書』」(講談社)を刊行した。きっかけは7歳の頃に家族で訪れた祖母の故郷である東京都・青ケ島。昨年は天文学の普及活動が認められ、小惑星「シノハラ」の登録も果たした篠原が星の魅力を語る。

――青ケ島で見た星空に魅せられたということですが。

「祖母に会いに行ったのが夏で、打ちあがった花火の奥にキラキラ音が聞こえるくらい輝く星に感動しました。それ以来、家の屋根に上って星を観察するように。10歳のときには両親が双眼鏡をプレゼントしてくれて、肉眼で見えない星を見つけると、自分だけの秘密みたいでうれしかった。小学校の頃は周りが漫画やテレビの話をしている中、図書館で星の本を見て夢中になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る