デビュー20周年 大復活した篠原ともえがたどった紆余曲折

公開日:  更新日:

 90年代に妙なハイテンションと奇抜なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原ともえ(35)。しかし、レギュラー番組「LOVE LOVE愛してる」(フジテレビ系)の終了とともにお茶の間からはフェードアウト。その後は台湾での泥酔騒動、中村獅童(42)との熱愛と破局といったスキャンダルしか話題にならなかった。

 それが昨年あたりから、沢尻エリカ(28)が主演したドラマ「ファーストクラス」、能年玲奈(21)の主演で現在上映中の映画「海月姫」に出演するなど露出が増え始め、女優として以前にも負けないほどの存在感を示している。

 演技もさることながら、世間を騒がせているのは篠原の美貌。沢尻とのツーショット写真をネットにアップするや「お2人とも超キレイです!」、能年とのツーショットを公開すれば「能年ちゃんよりキレイ」とネット上は絶賛の嵐。しかも活躍は女優にとどまらない。松任谷由実(60)のコンサートのステージ衣装のデザインを担当したり、今月16、17日にはコンテンポラリーダンスの公演「モダン・タイムス」に出演し、衣装ディレクターも兼任。趣味の星の観察でも昨年12月に著書「宙ガール篠原ともえの『星の教科書』」(講談社)を出版してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る