• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デビュー20周年 大復活した篠原ともえがたどった紆余曲折

 90年代に妙なハイテンションと奇抜なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原ともえ(35)。しかし、レギュラー番組「LOVE LOVE愛してる」(フジテレビ系)の終了とともにお茶の間からはフェードアウト。その後は台湾での泥酔騒動、中村獅童(42)との熱愛と破局といったスキャンダルしか話題にならなかった。

 それが昨年あたりから、沢尻エリカ(28)が主演したドラマ「ファーストクラス」、能年玲奈(21)の主演で現在上映中の映画「海月姫」に出演するなど露出が増え始め、女優として以前にも負けないほどの存在感を示している。

 演技もさることながら、世間を騒がせているのは篠原の美貌。沢尻とのツーショット写真をネットにアップするや「お2人とも超キレイです!」、能年とのツーショットを公開すれば「能年ちゃんよりキレイ」とネット上は絶賛の嵐。しかも活躍は女優にとどまらない。松任谷由実(60)のコンサートのステージ衣装のデザインを担当したり、今月16、17日にはコンテンポラリーダンスの公演「モダン・タイムス」に出演し、衣装ディレクターも兼任。趣味の星の観察でも昨年12月に著書「宙ガール篠原ともえの『星の教科書』」(講談社)を出版してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る