デビュー20周年 大復活した篠原ともえがたどった紆余曲折

公開日:  更新日:

 90年代に妙なハイテンションと奇抜なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原ともえ(35)。しかし、レギュラー番組「LOVE LOVE愛してる」(フジテレビ系)の終了とともにお茶の間からはフェードアウト。その後は台湾での泥酔騒動、中村獅童(42)との熱愛と破局といったスキャンダルしか話題にならなかった。

 それが昨年あたりから、沢尻エリカ(28)が主演したドラマ「ファーストクラス」、能年玲奈(21)の主演で現在上映中の映画「海月姫」に出演するなど露出が増え始め、女優として以前にも負けないほどの存在感を示している。

 演技もさることながら、世間を騒がせているのは篠原の美貌。沢尻とのツーショット写真をネットにアップするや「お2人とも超キレイです!」、能年とのツーショットを公開すれば「能年ちゃんよりキレイ」とネット上は絶賛の嵐。しかも活躍は女優にとどまらない。松任谷由実(60)のコンサートのステージ衣装のデザインを担当したり、今月16、17日にはコンテンポラリーダンスの公演「モダン・タイムス」に出演し、衣装ディレクターも兼任。趣味の星の観察でも昨年12月に著書「宙ガール篠原ともえの『星の教科書』」(講談社)を出版してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る