松任谷由実6万円ディナーショーに参加者「楽しめなかった」

公開日: 更新日:

「明菜以上」だった。

 昨年末の紅白歌合戦で中森明菜(49)の衰えに驚いた人も多いだろうが、それ以上に劣化を隠せないのがニューミュージックの女王・松任谷由実(60)だ。その悲惨な現実が如実にさらされたのが昨年12月22~24日の3日間、「ホテルオークラ東京」で開かれたディナーショー「Real Christmas Show 時の降る聖夜」だったという。

 ユーミンと演出を務めた夫の松任谷正隆(63)がオークラの総料理長と共に試行錯誤を繰り返して完成したコースメニューとあって、1人6万円。ショーとスイートルーム宿泊がセットになった「プレミアム宿泊プラン」はナント25万円だった。各日420枚のチケットはいずれも即日完売だったというが、ユーミンの歌唱力はとても「一流」とはいえなかった……。

「約4時間のショーで『恋人がサンタクロース』『守ってあげたい』など全20曲を歌いましたが、どれも声量が足らず、苦しそうでした。総勢40人のゴスペル隊とのコラボではユーミンの声がかき消されそうだった。聞き苦しい歌と一緒ではおいしい料理も十分に楽しめない」(参加者のひとり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  6. 6

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    原監督「セ軍もDH制」提言のお笑い OBは「短絡的」と指摘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る