日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松任谷由実6万円ディナーショーに参加者「楽しめなかった」

「明菜以上」だった。

 昨年末の紅白歌合戦で中森明菜(49)の衰えに驚いた人も多いだろうが、それ以上に劣化を隠せないのがニューミュージックの女王・松任谷由実(60)だ。その悲惨な現実が如実にさらされたのが昨年12月22~24日の3日間、「ホテルオークラ東京」で開かれたディナーショー「Real Christmas Show 時の降る聖夜」だったという。

 ユーミンと演出を務めた夫の松任谷正隆(63)がオークラの総料理長と共に試行錯誤を繰り返して完成したコースメニューとあって、1人6万円。ショーとスイートルーム宿泊がセットになった「プレミアム宿泊プラン」はナント25万円だった。各日420枚のチケットはいずれも即日完売だったというが、ユーミンの歌唱力はとても「一流」とはいえなかった……。

「約4時間のショーで『恋人がサンタクロース』『守ってあげたい』など全20曲を歌いましたが、どれも声量が足らず、苦しそうでした。総勢40人のゴスペル隊とのコラボではユーミンの声がかき消されそうだった。聞き苦しい歌と一緒ではおいしい料理も十分に楽しめない」(参加者のひとり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事