• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松任谷由実6万円ディナーショーに参加者「楽しめなかった」

「明菜以上」だった。

 昨年末の紅白歌合戦で中森明菜(49)の衰えに驚いた人も多いだろうが、それ以上に劣化を隠せないのがニューミュージックの女王・松任谷由実(60)だ。その悲惨な現実が如実にさらされたのが昨年12月22~24日の3日間、「ホテルオークラ東京」で開かれたディナーショー「Real Christmas Show 時の降る聖夜」だったという。

 ユーミンと演出を務めた夫の松任谷正隆(63)がオークラの総料理長と共に試行錯誤を繰り返して完成したコースメニューとあって、1人6万円。ショーとスイートルーム宿泊がセットになった「プレミアム宿泊プラン」はナント25万円だった。各日420枚のチケットはいずれも即日完売だったというが、ユーミンの歌唱力はとても「一流」とはいえなかった……。

「約4時間のショーで『恋人がサンタクロース』『守ってあげたい』など全20曲を歌いましたが、どれも声量が足らず、苦しそうでした。総勢40人のゴスペル隊とのコラボではユーミンの声がかき消されそうだった。聞き苦しい歌と一緒ではおいしい料理も十分に楽しめない」(参加者のひとり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る