沢尻エリカの汚点に? ファーストクラス「脚本が敗因」の声

公開日: 更新日:

 前作の脚本家がやっていたら、ここまで悲惨なことにならなかったのではないか──。沢尻エリカ(28)主演のシリーズ2作目の連続ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)にこんな声が上がっている。

 このドラマ、スタートから2ケタの視聴率を記録したことがなく、26日に放送された第7話は5.1%にまでダウン。沢尻にとって“汚点”になるのが確実になってきた。シリーズ1作目は深夜帯の放送で好評を博し、1クールまたいでのシーズン2はプライム帯での放送となったが、ボロボロだ。

 ドラマは話が散漫になり、かわいそうな沢尻がのし上がるはずのストーリーがよれまくり状態。それで視聴者が見限っているのだろうが、関係者の間では「脚本が原因では」との見方もある。

 シーズン1で脚本を担当したのは、先ごろ羽鳥慎一アナ(43)との結婚が明らかになった脚本家の渡辺千穂さん(42)。それがシーズン2ではなぜか及川博則氏にチェンジしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る