日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

レアな高倉健作品続々上映で池袋「新文芸坐」が大にぎわい

【エンタメ最前線】

 日本映画界の至宝といっていい、高倉健さんが亡くなって4カ月近くが経った。驚きはいまだに彼に関する話題が至るところで続いていること。健さんの影響力には計り知れないものがある。

 先週から池袋の新文芸坐で始まった東映作品の追悼上映も満席状態になっているという。ヤクザ映画以前に出演し、青年サラリーマン役を演じた「万年太郎と姐御社員」や「東京丸の内」。

 さらに、金田一耕助を演じた「悪魔の手毬唄」や、ギャングものの「恋と太陽とギャング」など、めったに上映されることのない作品に、とくに人気が集まっているそうだ。上映は28日まで。

 NHKのBSプレミアムも先週から追悼放送を始めた。「網走番外地」「緋牡丹博徒 花札勝負」「昭和残侠伝 死んで貰います」などが並んでいてうれしい。公共放送で、ヤクザ映画が放送されたことの意味も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事