レアな高倉健作品続々上映で池袋「新文芸坐」が大にぎわい

公開日: 更新日:

【エンタメ最前線】

 日本映画界の至宝といっていい、高倉健さんが亡くなって4カ月近くが経った。驚きはいまだに彼に関する話題が至るところで続いていること。健さんの影響力には計り知れないものがある。

 先週から池袋の新文芸坐で始まった東映作品の追悼上映も満席状態になっているという。ヤクザ映画以前に出演し、青年サラリーマン役を演じた「万年太郎と姐御社員」や「東京丸の内」。

 さらに、金田一耕助を演じた「悪魔の手毬唄」や、ギャングものの「恋と太陽とギャング」など、めったに上映されることのない作品に、とくに人気が集まっているそうだ。上映は28日まで。

 NHKのBSプレミアムも先週から追悼放送を始めた。「網走番外地」「緋牡丹博徒 花札勝負」「昭和残侠伝 死んで貰います」などが並んでいてうれしい。公共放送で、ヤクザ映画が放送されたことの意味も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  2. 2

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  10. 10

    島根県「コロナ死者ゼロ」の理由 専門家も「基本に忠実」

もっと見る