“勝負”に負けてふくれ顔 板東英二が語る無邪気な高倉健さん

公開日: 更新日:

 高倉健さんの訃報には本当に驚いています。先週、ゲンダイの編集の方と僕が所属する吉本の担当と赤坂で食事した時にたまたま健さんの話になって、「お元気なんですかねえ」と聞かれたので、「健さん、お元気ですよ。いろいろとご心配をおかけしたので、この前、事務所に手紙を届けました。スタッフの方には『喜ぶと思います』と言っていただけて」と話したばかりでしたから。

 今回は健さんの意外な面をお話しします。寡黙で不器用というイメージが強いですが、実は無邪気で子供のような人でした。

 最初に声をかけていただいた映画「あ・うん」でのエピソードです。健さんと僕が碁を打つシーンがあります。途中で健さんが無言でじっと黙り込む。台本にも長考とは書かれていない。これが健さんの間なのだろう。

 それにしても長いので、待ちきれなかった僕はアドリブのチャンスと思い、門倉という役を演じる健さんに「おい門倉、早く打てよ」と言ってやろうとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る