ド派手レスラーS・ジニアスさんは隠れた“人気トレーナー”

公開日: 更新日:

 一輪のバラを口にくわえ、“天才”と刺繍されたガウンに身を包み、ワインとグラスがのったトレーを片手にポール・モーリアの「オリーブの首飾り」をバックに入場する。こんなド派手なプロレスラーがいた。“悲しき天才”セッド・ジニアスさん(48)だ。大仁田厚元参議院議員との損害賠償裁判に勝訴したことでも知られる。今どうしているのか。

「別に引退したわけじゃないんです。でも、12年前、平成15年4月27日の試合の場外乱闘で顔面を蹴られてケガをし、休養して以来、リングに上がってないんだから、引退したと思われても無理はありませんよね。ワタシ自身、今のプロレスは学芸会に毛が生えたようなレベルの試合が多く、興味を感じないってこともありますけど」

 品川区内のホテルの喫茶室で会ったセッド・ジニアスさん、まずはこう言った。190センチ、100キロ超の堂々たる体格。威圧感満点だが、話しぶりはいたって紳士的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る