元関脇・若翔洋 加古川で墓石会社の広告塔になっていた

公開日:  更新日:

 山のような筋肉のたくましい体つきから、“ポパイ”の愛称で人気だった元関脇の若翔洋関(48)。二子山部屋が全盛を誇った時代の看板力士のひとりだった。97年九州場所を最後に引退してからは部屋付親方「音羽山」として後進の指導に当たっていたが、00年3月、横綱若乃花引退とともに角界を去った。さて、今どうしているのか。

「今のメーンは兵庫県南西部地域でトップクラスの、霊園開発および墓石販売を行う『山石』の広告宣伝部門、山石ピクチャーズの専属タレントだね。10月4日からは加古川市内に本社があるコミュニティーFM『BAN-BANラジオ』で毎週土曜日午後9時スタートのグルメドラマ『ごっちゃんです!』の主役も張ってる。そう、オレもついに役者デビューってわけさ。今んところはまったくのローカル役者だけど、ハハハ」

 兵庫県加古川市。JR加古川駅から徒歩5分の山石ピクチャーズあさりスタジオで会った若翔洋さん、こう言って182センチ、150キロの巨体をユッサユッサ揺すった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る