初の国立大力士・一ノ矢哲博さん 「逸ノ城は丸裸にされる」

公開日:  更新日:

 大相撲九州場所が始まった。話題はモンゴルの怪物・逸ノ城に尽きるが、ところで、国立大学を卒業して力士になった高砂部屋の一ノ矢哲博さん(53歳)。琉球大学理学部在学中に自ら相撲部を創部し、卒業後に入門。身長165センチで新弟子試験に苦労し、07年11月、九州場所を最後に引退してからは物理の知識を生かして6冊の本を著した。今どうしているのか――。

 墨田区本所にある高砂部屋を訪ねると、メガネをかけた一ノ矢さんに迎えられた。

「現役時代から部屋のマネジャーみたいな仕事をしてたんですが、引退すると、親方から正式にマネジャーとして残ってくれと言われましてね。で、後援者の方に礼状を書いたり、相撲のチケットを売ったりと毎日忙しくしてます。浅草に住み、朝7時に部屋に出勤し、夕方6時くらいまで仕事をする。そんな感じでしょうか。最近は海外の旅行者がよく稽古見学に来るし、逸ノ城や遠藤の人気で女性の追っかけファンが増えた。大相撲人気の回復を実感してます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る