元「ずうとるび」の江藤博利さん がんを2度克服していた

公開日:  更新日:

 70年代、日本テレビの「笑点」の“ちびっ子大喜利”から誕生した男の子4人組のバンドが大人気だった。「みかん色の恋」のヒットが懐かしい「ずうとるび」だ。メンバーのひとり、江藤博利さん(56)は“ずうとるびのジョージ・ハリスン”と呼ばれ、イケメンぶりから女性ファンの心を独り占めにした。今どうしているのか。

「不思議ですよね。今でも『ずうとるび』のブロマイドが売れてるんですよ。ブロマイド販売の老舗、マルベル堂の最新売れ筋ランクでもベストテンを外さない。それもあってか、今年初め、マルベル堂さんから、現在の江藤さんのブロマイドを出したい、とオファーをいただきましてね。こりゃ痩せなきゃいけないとダイエットに励んだら、逆に太ってしまい、若干修整を加えてもらいました。そう、あくまで若干、少々です、ハハハ」

 恵比寿駅に近いカフェで会った江藤さん、こう言って陽気に笑った。確かに、いささか太め。だからこそ、いかにも元気に見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る