日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元「ずうとるび」の江藤博利さん がんを2度克服していた

 70年代、日本テレビの「笑点」の“ちびっ子大喜利”から誕生した男の子4人組のバンドが大人気だった。「みかん色の恋」のヒットが懐かしい「ずうとるび」だ。メンバーのひとり、江藤博利さん(56)は“ずうとるびのジョージ・ハリスン”と呼ばれ、イケメンぶりから女性ファンの心を独り占めにした。今どうしているのか。

「不思議ですよね。今でも『ずうとるび』のブロマイドが売れてるんですよ。ブロマイド販売の老舗、マルベル堂の最新売れ筋ランクでもベストテンを外さない。それもあってか、今年初め、マルベル堂さんから、現在の江藤さんのブロマイドを出したい、とオファーをいただきましてね。こりゃ痩せなきゃいけないとダイエットに励んだら、逆に太ってしまい、若干修整を加えてもらいました。そう、あくまで若干、少々です、ハハハ」

 恵比寿駅に近いカフェで会った江藤さん、こう言って陽気に笑った。確かに、いささか太め。だからこそ、いかにも元気に見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事