小向美奈子が初公判で“号泣”「恋人とケンカや仕事で限界に」

公開日:  更新日:

“スライム乳”で人気のAV女優・小向美奈子被告(29)が覚醒剤取締法違反(所持と使用)の罪に問われた事件の初公判が16日、東京地裁(鈴木巧裁判官)で開かれた。

 小向は今年2月、渋谷区恵比寿の自宅マンションに覚醒剤を所持していたとして起訴された。

 黒色のジャケット、パンツ姿で入廷した小向は被告人質問で、「覚醒剤は知り合いから『いる?』と言われ、軽い感じでもらった。恋人とのけんかや仕事でストレスが限界を超えて使ってしまった。このような過ちは二度と犯しません」などと語って、起訴内容を全面的に認め、涙ながらに謝罪した。

 小向は2009年に同法違反の罪に問われ懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 検察側は「被告は6年前に有罪判決を受けた後も複数回、覚醒剤を使い、周囲に『ダイエットのためにシャブを使っている』と話していた」と指摘、懲役2年を求刑して、結審した。今月27日に判決が言い渡される予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る