• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小向美奈子が初公判で“号泣”「恋人とケンカや仕事で限界に」

“スライム乳”で人気のAV女優・小向美奈子被告(29)が覚醒剤取締法違反(所持と使用)の罪に問われた事件の初公判が16日、東京地裁(鈴木巧裁判官)で開かれた。

 小向は今年2月、渋谷区恵比寿の自宅マンションに覚醒剤を所持していたとして起訴された。

 黒色のジャケット、パンツ姿で入廷した小向は被告人質問で、「覚醒剤は知り合いから『いる?』と言われ、軽い感じでもらった。恋人とのけんかや仕事でストレスが限界を超えて使ってしまった。このような過ちは二度と犯しません」などと語って、起訴内容を全面的に認め、涙ながらに謝罪した。

 小向は2009年に同法違反の罪に問われ懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 検察側は「被告は6年前に有罪判決を受けた後も複数回、覚醒剤を使い、周囲に『ダイエットのためにシャブを使っている』と話していた」と指摘、懲役2年を求刑して、結審した。今月27日に判決が言い渡される予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る