小向美奈子に浮上するシャブダイエットと男…住民は「嫌悪」

公開日:  更新日:

 やはり、やめられないのか――。“スライム乳”で人気のAV女優・小向美奈子容疑者(29)が3度目の逮捕だ。

 6日、渋谷区恵比寿の自宅マンションを厚労省の麻薬取締部が家宅捜索し、覚醒剤約0・1グラムを確認。覚醒剤を所持していたとして逮捕した。ストローやガラス瓶なども見つかっており、使用についても取り調べるという。逮捕時、小向は泥酔状態でフラフラだった。

 09年に覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕された小向。11年に再び逮捕状が出た時には、フィリピンに出国して大騒ぎに。今回で覚醒剤がらみの逮捕は3度目となる。

 現場となった自宅は、セレブが集う白金と広尾の中間に位置し、家賃は20万円前後する高級マンション。小向は近所でもかなり目立っていたという。マンション住民がこう言う。

「ハードロック風の黒っぽい服装で、いつもおっぱいをボンッと強調していた。彼女が住んでいることを露骨に嫌悪する人もいました。昨年5月には、目がうつろでフラフラして歩く姿を見た人もいました。どうやら、男性と一緒に住んでいたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る