「花燃ゆ」井上真央は謝罪も “ヒロインやりにくそう”と同情論

公開日:  更新日:

「いろいろな原因があると思うんですけれど、主人公である私の力不足であるとしか言えない」――。
 昨20日に行われたNHK大河「花燃ゆ」の試写&会見。主役の久坂文を演じる井上真央(28)は低視聴率の要因を聞かれると、はぐらかすことなく責任の弁を述べた。記者から振られた質問とはいえ、女優自ら視聴率に言及するのは異例中の異例。しかも数字が収入を左右する民放ではなく、受信料で成り立つNHKで、である。

 たしかに、大河「花燃ゆ」は12日放送の第15話で視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1ケタ台を記録。19日の第16話では10.7%と盛り返したが、放送開始以来、苦戦を強いられている。これまでの展開を見て、ドラマ評論家のこうたきてつや氏は、主演女優の気持ちをこうおもんぱかる。

「幕末ホームドラマとして、それなりに楽しんで見ています。ただ、井上真央はやりにくそうですね。というのも、ほとんどの人が知らない文をヒロインにして、どんなドラマをつくろうとするのかがはっきりしていない。脚本も吉田松陰という存在に振り回されて、文の“人と人とを結びつける”魅力も際立たず、文が兄や家族や門下生との関わりの中で“どう成長していっているのか”も見えない。これでは井上は、ただ兄の行く末をオロオロと心配する葛藤しか演じられないのではないでしょうか。今、求められているヒロイン像は朝ドラの『カーネーション』や『ごちそうさん』もそうだったように、強く、たくましく、我が道を切り開いていく女性のはず。なんとか、文の成長を魅力的に描いていって欲しいものです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る