日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歴代ワースト3発進 大河「花燃ゆ」敗因はNHKの“番宣”か

 4日にスタートした井上真央(27)主演のNHK大河「花燃ゆ」。好評だった「軍師官兵衛」の後番組ということで期待されたが、初回平均視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。50年以上続く大河史上ワースト3という不名誉なスタートとなった。

 敗因はハッキリしている。「幕末男子の育て方。」といういかにもティーン向けの少女漫画にありそうなキャッチコピーを掲げたため、長年の大河ファンがソッポを向いたからに他ならない。加えて、主人公は「吉田松陰の妹」というダ~レも知らない歴史的にはほぼ無名に近い下級武士の娘。つい最近までウィキペディアにも情報がなかったぐらいだ。

 NHKは年末年始の番宣では、史実が少ないからこそ新鮮味があるとPR。純然たる本格派の時代劇ではなく、幕末版ホームドラマで、おまけに学園ドラマの要素もあるという触れ込みだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事