日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乱高下視聴率に楔 「花燃ゆ」盛り上げる“女囚”井川遥の色香

 平均視聴率16.7%→13.4%→15.8%→14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。年明けの初回から25日放送の4回までダッチロールを続けるNHK大河「花燃ゆ」だが、来月1日放送の第5回から井川遥(38)が本格的な出番を迎える。なまめかしい演技派女優らをキャスティングした「セクシー大河」大本命の登場だ。28日の取材会に出席し、自身が登場するセットの感想と撮影エピソードについてこう語った。

「(牢獄だけど)風通しがきいて光も差し込み、居心地が悪くない。個性豊かな囚人たちと一緒に和気あいあいと撮影ができました」

 井川が演じるのは野山獄(現・山口県萩市)という牢屋に収容されていた「女囚」高須久子。“ハイボール美女”が女囚役とは、「女囚さそり」の梶芽衣子(67)もビックリのはずだが、もともとは萩藩で330石を誇る家柄の跡取り娘。婿旦那に先立たれた後、歌舞音曲に浸り、お家取りつぶしの危機に陥ったことから親戚に獄に入れられたという役どころ。そして、黒船密航に失敗し、投獄される吉田松陰(伊勢谷友介=38)が思いを寄せた相手でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事