美熟女ズラリ…大河「花燃ゆ」の“セクシー宣言”に困惑の声

公開日: 更新日:

 22日に発表された井上真央主演のNHK大河「花燃ゆ」(来年1月4日スタート)新キャストの面々。「セクシー大河でいきます!」(土屋勝裕チーフプロデューサー)と豪語するように、20~60代の各世代の艶っぽい女優をふんだんに起用した。大河ドラマは視聴率低迷が続く中、“全方位のキャスティング”で勝負するというわけだ。

 幕末の志士吉田松陰の妹・文の生涯を中心に描く1年間。大河初出演の宮崎香蓮(20)と小島藤子(20)を除けば、み~んな大ベテラン。長州藩主の正室を演じる松坂慶子(62)は今作で大河出演歴通算8作目だし、井上の義理の母となる“極妻”のかたせ梨乃(57)は熟女優の代表格である。同藩重臣の妻を演じる若村麻由美(47)は宗教団体の代表だった夫の亡き後、「無名塾」で鍛えた演技力に未亡人の憂いが加わったとドラマ関係者の評判がいい。朝ドラ「カーネーション」で主人公の母役が高評価だった麻生祐未(51)は「花燃ゆ」でも息子を案じる母を演じ、会見欠席の井川遥(38)に至っては松陰の思い人で謎の女囚役だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る