広末の代役で「花燃ゆ」に 鈴木杏はブレークの方式に乗れるか

公開日:  更新日:

「女優の杏」といえば、ひと頃は彼女のことだった。第3子妊娠5カ月の広末涼子(34)に代わり、NHK大河「花燃ゆ」への出演が決まった鈴木杏(27)。芸歴20年目のベテランだが、意外にも初の大河出演。主人公・文(井上真央)の最初の夫となる久坂玄瑞(東出昌大)の愛妾で、芸妓の辰路役を演じる。第20回(5月17日放送)から登場。目鼻立ちのハッキリとした顔だから、目ばりを引かずとも白粉と紅でイイ女に化けるんじゃないかともっぱらだ。

 ドラマ「青い鳥」(97年)で豊川悦司(52)の娘役で注目を浴び、ポカリスエットのCMで全国区の人気者に。

「子役時代に“完成”していたこともあり、少女から大人の女優への脱皮がうまくいかず苦労した時期もある。とはいえ、演技派が歴代演じる舞台『奇跡の人』のヘレン・ケラー役を演じているひとりであり、素地は申し分ない」(コラムニストの桧山珠美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る