広末の代役で「花燃ゆ」に 鈴木杏はブレークの方式に乗れるか

公開日: 更新日:

「女優の杏」といえば、ひと頃は彼女のことだった。第3子妊娠5カ月の広末涼子(34)に代わり、NHK大河「花燃ゆ」への出演が決まった鈴木杏(27)。芸歴20年目のベテランだが、意外にも初の大河出演。主人公・文(井上真央)の最初の夫となる久坂玄瑞(東出昌大)の愛妾で、芸妓の辰路役を演じる。第20回(5月17日放送)から登場。目鼻立ちのハッキリとした顔だから、目ばりを引かずとも白粉と紅でイイ女に化けるんじゃないかともっぱらだ。

 ドラマ「青い鳥」(97年)で豊川悦司(52)の娘役で注目を浴び、ポカリスエットのCMで全国区の人気者に。

「子役時代に“完成”していたこともあり、少女から大人の女優への脱皮がうまくいかず苦労した時期もある。とはいえ、演技派が歴代演じる舞台『奇跡の人』のヘレン・ケラー役を演じているひとりであり、素地は申し分ない」(コラムニストの桧山珠美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る