薬物逮捕と二度の離婚…2世俳優・若山騎一郎さんのその後

公開日:  更新日:

 父は昭和の名優・若山富三郎、母は元タカラジェンヌの藤原礼子というサラブレッド2世俳優の若山騎一郎さん(50)。勝新太郎、中村玉緒は叔父・叔母に当たる。そんな華麗なる芸能一家の血脈につながりながら、正直、スキャンダル俳優のイメージが強い。13年11月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、その前後、女優の仁美凌さんと結婚、離婚を繰り返して話題になった。しかし、最近は名前を聞かない。さて、いまどうしているのか――。

■福島から逃亡、限りなくホームレスに

「まず2年前の覚醒剤事件のおわびをさせてください。あの事件はクスリに対する好奇心と、1回だけなら、というワタシの心の緩みがすべての原因です。元妻やご親族さま、事務所関係者、取引先の方々に多大なご迷惑をおかけしました。本当に愚かだったし、申し訳ありませんでした」

 都内六本木のカラオケラウンジ「ぷりーず」で会った若山さん、神妙な面持ちで深々と頭を下げた。記者に頭を下げられても困っちゃうのだが、ついでに質問をひとつ。若山さんは女優の仁美凌さんと結婚、離婚、再婚、再離婚した。その再離婚の理由は、贖罪のために福島第1原発事故の除染作業員として働くはずだったにもかかわらず、1日で逃げ帰ったのに妻があきれ果てたから、と伝えられた。これは事実なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る