• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

想定外だったうつみ宮土理「御礼の挨拶」 “消化不良”の裏事情

「御礼の挨拶」と銘打たれたうつみ宮土理(71)の会見が物議を醸している。夫の愛川欽也さん(享年80)が亡くなって1カ月近く経ち、うつみの話は注目されたが、想定外のものとなった。

 最期の様子を聞かれると、「悲しすぎて。そんな質問は酷です」と語気を強め、在宅治療については、「愛川は家が好きだから。病院に行ったら治るんですか」とまるで喧嘩腰――。亡くなるまでの様子を聞くのは、決して「酷」な質問ではない。過去にも答えられる範囲で遺族は話し、ファンに対しての最後の報告につながった。いまだに痩せ細り憔悴しきったうつみ。忍びなくて、取材陣も黙って聞くしかなかったが、「心身とも完全に回復してから会見してもよかったのでは」という意見も一理ある。

 違和感を抱く一方で、一貫していたのは、「夫婦愛」だった。今も遺骨と一緒に寝ているといううつみは、「一番愛した人は、心の中に住んでいます」と語った。2人は「おしどり夫婦」と呼ばれたが、過去、浮気騒動もあった。愛川さん死後も、劇団女優との愛人問題が報じられている。こうした報道をうつみは打ち消すかのように「夫婦愛」を強調しているようにも見えた。芸能関係者がこんな話をする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る