愛川欽也さんは自宅で“最期” 「がんでも治療せず」という選択

公開日: 更新日:

 仕事をとるか、命をとるか。愛川欽也さん(享年80)の訃報に触れ、自分の最期について考えさせられた人もいるかもしれない。愛川さんは昨年冬に肺がんが見つかったが、本人の希望で手術を受けず、在宅で治療を受けながら“仕事を優先する人生”を選択した。

 サラリーマンで80歳まで仕事を続ける人は少ないだろうが、家族や友人と楽しい人生を全うしようと思えば、治療とはいえゴール目前の人生を病院に缶詰めにされるのはつらい。「オレも愛川さんみたいに」という思いを強くしたはずだ。

 肺がん治療の権威で、新座志木中央総合病院名誉院長の加藤治文氏が言う。

「脊髄に転移していたという報道から推測すると、愛川さんの肺がんはかなり進行していて、恐らくステージ4だったのではないか。そうだとすれば、医師の十分な説明を受けた上で、自分らしい人生を全うするために治療を受けないという選択肢はあり得ます。そういう患者さんは決して少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る