愛川欽也さんは自宅で“最期” 「がんでも治療せず」という選択

公開日:  更新日:

 仕事をとるか、命をとるか。愛川欽也さん(享年80)の訃報に触れ、自分の最期について考えさせられた人もいるかもしれない。愛川さんは昨年冬に肺がんが見つかったが、本人の希望で手術を受けず、在宅で治療を受けながら“仕事を優先する人生”を選択した。

 サラリーマンで80歳まで仕事を続ける人は少ないだろうが、家族や友人と楽しい人生を全うしようと思えば、治療とはいえゴール目前の人生を病院に缶詰めにされるのはつらい。「オレも愛川さんみたいに」という思いを強くしたはずだ。

 肺がん治療の権威で、新座志木中央総合病院名誉院長の加藤治文氏が言う。

「脊髄に転移していたという報道から推測すると、愛川さんの肺がんはかなり進行していて、恐らくステージ4だったのではないか。そうだとすれば、医師の十分な説明を受けた上で、自分らしい人生を全うするために治療を受けないという選択肢はあり得ます。そういう患者さんは決して少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る