• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛川欽也さんは自宅で“最期” 「がんでも治療せず」という選択

 仕事をとるか、命をとるか。愛川欽也さん(享年80)の訃報に触れ、自分の最期について考えさせられた人もいるかもしれない。愛川さんは昨年冬に肺がんが見つかったが、本人の希望で手術を受けず、在宅で治療を受けながら“仕事を優先する人生”を選択した。

 サラリーマンで80歳まで仕事を続ける人は少ないだろうが、家族や友人と楽しい人生を全うしようと思えば、治療とはいえゴール目前の人生を病院に缶詰めにされるのはつらい。「オレも愛川さんみたいに」という思いを強くしたはずだ。

 肺がん治療の権威で、新座志木中央総合病院名誉院長の加藤治文氏が言う。

「脊髄に転移していたという報道から推測すると、愛川さんの肺がんはかなり進行していて、恐らくステージ4だったのではないか。そうだとすれば、医師の十分な説明を受けた上で、自分らしい人生を全うするために治療を受けないという選択肢はあり得ます。そういう患者さんは決して少なくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る