愛川欽也さんはレアケースだが…“病気取材”メディアの課題

公開日:  更新日:

 今の芸能界を見渡すと、「歌手でタレント」といったいくつかの肩書を持つ通称「マルチタレント」がいる。しかし、「歌手としてヒットもなく仕事も減ったことからタレントも」と実質、クラ替えしたような人も少なくない。

 亡くなった愛川欽也さん(享年80)は役者、司会、DJなど、すべてを完璧にこなせるプロだった。まさに「マルチタレント」の見本のような人。その姿は昔かたぎの職人にも似ていた。人に知らせず自宅で家族に見守られながら息を引き取ったのも昔かたぎの愛川さんらしいとも思う。

 当初、妻のうつみ宮土理は「風邪をひいただけ」と重病説を否定して「嘘」をついたのも愛川さんの生き方を最後まで守り通した夫婦の絆。誰も責めることはできない。

 愛川さんと同年代で昭和を代表する俳優だった高倉健さんも菅原文太さんも亡くなるまで病気を隠し、密かに入院生活を送っていた。映画関係者は、「本業以外で騒がれるのを“よし”としない昭和の映画スターらしい」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る