• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛川欽也さんはレアケースだが…“病気取材”メディアの課題

 今の芸能界を見渡すと、「歌手でタレント」といったいくつかの肩書を持つ通称「マルチタレント」がいる。しかし、「歌手としてヒットもなく仕事も減ったことからタレントも」と実質、クラ替えしたような人も少なくない。

 亡くなった愛川欽也さん(享年80)は役者、司会、DJなど、すべてを完璧にこなせるプロだった。まさに「マルチタレント」の見本のような人。その姿は昔かたぎの職人にも似ていた。人に知らせず自宅で家族に見守られながら息を引き取ったのも昔かたぎの愛川さんらしいとも思う。

 当初、妻のうつみ宮土理は「風邪をひいただけ」と重病説を否定して「嘘」をついたのも愛川さんの生き方を最後まで守り通した夫婦の絆。誰も責めることはできない。

 愛川さんと同年代で昭和を代表する俳優だった高倉健さんも菅原文太さんも亡くなるまで病気を隠し、密かに入院生活を送っていた。映画関係者は、「本業以外で騒がれるのを“よし”としない昭和の映画スターらしい」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る