愛川欽也さんはレアケースだが…“病気取材”メディアの課題

公開日:  更新日:

 今の芸能界を見渡すと、「歌手でタレント」といったいくつかの肩書を持つ通称「マルチタレント」がいる。しかし、「歌手としてヒットもなく仕事も減ったことからタレントも」と実質、クラ替えしたような人も少なくない。

 亡くなった愛川欽也さん(享年80)は役者、司会、DJなど、すべてを完璧にこなせるプロだった。まさに「マルチタレント」の見本のような人。その姿は昔かたぎの職人にも似ていた。人に知らせず自宅で家族に見守られながら息を引き取ったのも昔かたぎの愛川さんらしいとも思う。

 当初、妻のうつみ宮土理は「風邪をひいただけ」と重病説を否定して「嘘」をついたのも愛川さんの生き方を最後まで守り通した夫婦の絆。誰も責めることはできない。

 愛川さんと同年代で昭和を代表する俳優だった高倉健さんも菅原文太さんも亡くなるまで病気を隠し、密かに入院生活を送っていた。映画関係者は、「本業以外で騒がれるのを“よし”としない昭和の映画スターらしい」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る