日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全盛期は御殿も建築…加護亜依はどこで人生を間違えたのか

「モーニング娘。」が結成されてから約18年の月日が流れた。一線で活躍していたメンバーのなかには芸能界を退き、結婚してママになっている人もいる。加護亜依もすでにママだが、他のメンバーと違い、今もなお波瀾万丈の生活を送っている。

 先日も夫の暴力行為を自ら麻布署に通報。夫が逮捕される(容疑は否認)騒ぎになった。加護は3歳になる娘と共に奈良の実家に避難しているという。

 加護は12歳でモー娘。のオーディションに合格。4期生としてデビューするや、愛くるしい顔で人気を博した。慣れぬ東京での生活のために、母親と祖母が上京。身の回りの世話とマイカーで送り迎えをしていた。「ローマは一日にして成らず」というが、芸能界は昨日まで普通の生活をしていた子が、あっという間にスターになってしまう世界。

 加護の全盛時代、奈良の実家に取材で立ち寄ったことがある。のどかな田園地帯にひときわ目を引く白亜の一軒家。近所の人は「加護ちゃんの稼いだお金で建て替えたという話よ。みんな『加護御殿』と呼んでいるの」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事