日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

加護亜依の“不幸”いつまで…DV逮捕の夫は離婚にも応じず

 加護ちゃんの不幸はどこまで続くのか。9日、妻の加護亜依(27)に暴行を加えたとして、加護の夫で会社役員の加護陽彦(47)が警視庁麻布署に傷害容疑で逮捕された。

 陽彦容疑者は六本木の自宅マンションで、加護に殴る蹴るの暴行を加え、腕や足などに全治10日間のケガを負わせた疑い。加護の通報で逮捕に至ったが、「夫とは離婚協議中。DV被害はもっと前からでした」と話すのは事情に詳しい芸能関係者だ。

「昨年10月に夫が出資法違反容疑で逮捕されたことにショックを受けて、今年4月にはブログで夫と離婚協議中であることを明かしていましたが、夫がなかなか離婚に応じてくれずに困り果てていました。というのも、夫が逮捕された際に暴力団との関係が明るみになり、不起訴になったとはいえ、加護の芸能活動がピンチになったからです。離婚を話し合うにもたびたび暴力を振るわれるので怖くて自宅にも近寄れず、ひところは実家のある奈良に戻っていました。夫サイドは加護がいない時に“加護が精神的に不安定”“復縁を望んでいる。寂しがり屋だから”という情報を流して一部メディアが報じたこともありましたが、彼女から復縁を望むことはもはやありえません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事