寝取り疑惑は収束も…斎藤工が今度は“妖怪壁ドン”呼ばわり

公開日:  更新日:

「寝取り疑惑」がようやくおさまったと思ったら、今度は「妖怪」か――。俳優・斎藤工(33)にかけられた寝取り疑惑の方は、発信元の堀江貴文氏(42)が否定して収束気味だったが、4日のイベントのタイトルが「ぶっちゃけトークショー」だったため、多くのマスコミが集まった。本来の目的は、映画「虎影」大ヒット舞台あいさつ。ここで主役の斎藤と共演者で毒舌キャラの鳥居みゆき(34)の初トークショーが繰り広げられたのだ。

 さすがに鳥居も“寝取り疑惑”には触れなかったが、「ぶっちゃけ」と銘打った以上、何かやらかさなきゃならない。そこで出たのが「妖怪発言」だ。

 出てくるなりいきなり、「いつも全裸に近いけど、今日は服着てるね」として「妖怪壁ドン男!」とちゃかした。

 さらにつり銭もらい損ね事件も暴露。なんでもこの映画の打ち上げの会費は3000円だったため、鳥居は1万円札を出して7000円もお釣りをもらおうとしていた。そこへ現れた斎藤クン、「僕、1万円出しますよ」と。あおりを食って鳥居も7000円をもらい損ねたという。

 もっとも、斎藤は終始ニコニコ。この日集まった女性客のハートをわし掴みにして終了した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る