「ONE PIECE」発言物議の矢口真里 “傷心アピール”でまた炎上

公開日:  更新日:

 12日に放送されたバラエティー番組「有田チルドレン」(TBS系)で、自身の不倫騒動は漫画「ONE PIECE」(集英社)のせいだったと話してネットを中心に非難が殺到したタレントの矢口真里(32)。

 不遇の時期は、主人公ルフィの言葉に励まされていたと語って同作の魅力を紹介したが、「ONE PIECEって恋愛だけ描いてないんです。だから失敗しました」という発言が同作ファンのブーイングを浴びて炎上。累計部数3億冊超えの世界的人気コミックのファンを敵に回してしまった格好だが、その後に投稿したブログの内容が火に油で、さらに延焼が拡大している。

 14日、「毎日嫌なことあったりするけど……」と意味深な言葉で始めた矢口。「傷つかない人間なんてどこにもいません。言葉に傷つけられても、私は言葉の刃を人に向けないように生きていけたらいいなと思っています」と世間からの批判に傷つく胸の内を打ち明けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る