“天然妻”に悩んだ東貴博 相談した三宅裕司が放った一言とは

公開日:  更新日:

 テレビ番組のリポーターからラジオパーソナリティー、さらに舞台と幅広く活躍中の東貴博(45)さん。すでに芸歴は21年、師匠と仰ぐのは萩本欽一さん(74)だが、目標とするのはタレントの三宅裕司さん(64)だ。

 三宅さんは僕が芸能界にデビューする前から憧れの方です。小倉久寛さんらと結成された「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」の舞台は何度も見に行ってましたし、伊東四朗さんや小倉さんとコントをされてるのを拝見して、「凄いなぁ」「面白いなぁ」ってずっと思っていた。

 その時は当然、お付き合いはありませんでしたし、芸能界にデビューしてからも10年ほどは一緒に舞台に出ることはありませんでした。

 でも、11年ほど前でしたか、三宅さんが伊東さんらと古き良き東京の軽演劇を継承すべく「伊東四朗一座」を旗揚げ。第1回公演を下北沢の本多劇場で行った際に声をかけていただきまして、それ以来、公私にわたりお付き合いさせていただいています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る