日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上戸彩も蛯原友里も…ママタレに続いて「妊タレ」急増のワケ

 上戸彩に始まって、菅野美穂、国仲涼子、関根麻里に、なんとモデルの蛯原友里まで――芸能界が妊娠ラッシュだ。しかも、一昔前なら妊娠が分かったとたんに表舞台から消えたものだが、最近は大きなお腹を抱えながら、普段通り芸能活動を続ける例が相次いでいる。

 芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「すでに“飽和状態”になっているママタレ競争の激化と無縁ではないでしょう。生活用品などのCMが期待できるママタレは神田うの、大沢あかね、木下優樹菜、坂下千里子などの活躍で今や芸能界で最も“激戦区”になっています。今からそこへ参戦するよりは、もっと前倒しして“妊娠から発表しちゃおう”ということじゃないでしょうか」

 かつてはドラマ撮影中やCM出演中に妊娠発覚となったら、「契約違反」などと騒がれたものだが、スポンサーサイドも変化しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事