• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フリー転身騒動のカトパン “勝ち組”先輩アヤパンに続けるか

 フリー転身組の中でも“高値安定”の筆頭といっていいだろう。元フジテレビの売れっ子アナウンサー、高島彩(36)。22日に行われた「第5回衛星放送協会オリジナル番組アワード授賞式」の総合司会を務めたのだが、その仕切りっぷりの見事なことといったら……。

 冒頭の挨拶から会場に集まった多くのギョーカイ人を前に、「私はフジテレビ出身ですが、フリーになってからは家族揃って積極的に衛星放送を見ています。ですので、このような場で司会を務めさせていただくことをとても光栄に思っています」と、さすがのコメント力を発揮したのだった。

 横浜市内にある1億8000万円ともいわれる豪邸で、夫の「ゆず」北川悠仁(38)と1歳になる愛娘と一緒に順風満帆な生活を送っているがゆえの余裕なのだろう。この日の授賞式では審査員の名前や局名をチョイチョイ噛んだのはご愛嬌。2時間に及ぶ長丁場をひとり出ずっぱりで、萩本欽一(74)や中村梅雀(59)といったゲスト登壇者の祝辞にもアドリブで即座に反応し、アナウンサーとしての確かなスキルを感じさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る