フリー転身騒動のカトパン “勝ち組”先輩アヤパンに続けるか

公開日:  更新日:

 フリー転身組の中でも“高値安定”の筆頭といっていいだろう。元フジテレビの売れっ子アナウンサー、高島彩(36)。22日に行われた「第5回衛星放送協会オリジナル番組アワード授賞式」の総合司会を務めたのだが、その仕切りっぷりの見事なことといったら……。

 冒頭の挨拶から会場に集まった多くのギョーカイ人を前に、「私はフジテレビ出身ですが、フリーになってからは家族揃って積極的に衛星放送を見ています。ですので、このような場で司会を務めさせていただくことをとても光栄に思っています」と、さすがのコメント力を発揮したのだった。

 横浜市内にある1億8000万円ともいわれる豪邸で、夫の「ゆず」北川悠仁(38)と1歳になる愛娘と一緒に順風満帆な生活を送っているがゆえの余裕なのだろう。この日の授賞式では審査員の名前や局名をチョイチョイ噛んだのはご愛嬌。2時間に及ぶ長丁場をひとり出ずっぱりで、萩本欽一(74)や中村梅雀(59)といったゲスト登壇者の祝辞にもアドリブで即座に反応し、アナウンサーとしての確かなスキルを感じさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る