フリー転身騒動のカトパン “勝ち組”先輩アヤパンに続けるか

公開日:  更新日:

 フリー転身組の中でも“高値安定”の筆頭といっていいだろう。元フジテレビの売れっ子アナウンサー、高島彩(36)。22日に行われた「第5回衛星放送協会オリジナル番組アワード授賞式」の総合司会を務めたのだが、その仕切りっぷりの見事なことといったら……。

 冒頭の挨拶から会場に集まった多くのギョーカイ人を前に、「私はフジテレビ出身ですが、フリーになってからは家族揃って積極的に衛星放送を見ています。ですので、このような場で司会を務めさせていただくことをとても光栄に思っています」と、さすがのコメント力を発揮したのだった。

 横浜市内にある1億8000万円ともいわれる豪邸で、夫の「ゆず」北川悠仁(38)と1歳になる愛娘と一緒に順風満帆な生活を送っているがゆえの余裕なのだろう。この日の授賞式では審査員の名前や局名をチョイチョイ噛んだのはご愛嬌。2時間に及ぶ長丁場をひとり出ずっぱりで、萩本欽一(74)や中村梅雀(59)といったゲスト登壇者の祝辞にもアドリブで即座に反応し、アナウンサーとしての確かなスキルを感じさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る