日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

退社報道を社長否定も 「カトパン獲得合戦」消えない“火種”

 今週はスポーツ紙1面スクープ、フジテレビの看板女子アナ、カトパンこと加藤綾子(30)の退社、フリー転身報道にマスコミが振り回された。

 三十路になるとオファーが減り、かつ寿退社やフリーに転身する女子アナが少なくないため、テレビ業界では「30歳定年説」が脈々とある。9月いっぱいでフジを退社というのも、十分にありうる展開だ。

 しかし、亀山千広フジ社長が報道を否定し、火消しを図ったため、トーンダウン。「ガセか」という声もある中、「火のないところに煙は立たない」から、実際、水面下でさまざまな動きがあったようだ。

「スクープはカトパンの所属事務所が固まりかけたことがキッカケだったようです。転身先はかつて熱愛情報が流れたEXILEのTAKAHIROと今も親しいことからエイベックス説、福山雅治らの所属事務所で元日テレの馬場典子もいるアミューズ説……。しかし、固まる前に情報が漏れて失敗、仕切り直しするしかなくなった」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事