日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報道否定も…エースアナ加藤綾子が退社ならお台場は「沈没」

「寝耳に水もいいところ。週刊誌の臆測記事ならまたかで済むが、スポーツ紙の1面というインパクトはデカイ。でも、本人も社長も否定していたように退社は絶対にない」

 こう断言するのはさるフジテレビ幹部である。

 15日のスポニチが1面で報じたフジの看板アナウンサー、加藤綾子(30)の退社&フリー転身情報。9月末でフジを退社し、すでに新たな所属先のプロダクションの名前も浮上するなどやけに具体的だった。

 スーパー綾子と呼ばれたエースアナもついに決断の時かと思ったら、15日、同局の亀山社長は定例会見で完全否定。加藤からは「思い当たる節がないのに、何で出るのか、私が一番ビックリしてます」というメールがきたことを明かし、「本人の意思とは関係ないところで書かれて気の毒。アナウンサーは上に上り詰めるほど、責任を背負う。社長よりもきつい仕事かもしれない」と人気商売の加藤を気遣っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事