残留かフリー転身か…フジ加藤綾子アナ“三十路”の分かれ道

公開日:  更新日:

「わたし、覚えてないんです。気が付いたら、こう(あおむけ)でした」――。

 17日放送のフジテレビ系「ごきげんよう」に同局の加藤綾子アナ(29)が出演。先月27日早朝、「めざましテレビ」の生放送中にぶっ倒れて途中退席した騒動をこう振り返った。

 カトパンの愛称で人気の加藤だが、ここ数年は明らかにオーバーワーク。人気が出るほど仕事が一極集中するという悪循環で、生放送中に倒れたのもこれが初めてではなかった。

 朝の看板情報番組「めざましテレビ」には小島奈津子や高島彩など歴代のエースアナが代々起用されてきた。

 カトパンも12年から同番組のキャスターとなり、先輩の生野陽子アナとダブルエースで番組の華となっていた。だが、今年10月の改編で生野アナが夕方の「スーパーニュース」に異動。今回の卒倒劇は、名実ともに「エースの座」を手にした直後の出来事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る