別居報道も反応は薄く…浜崎あゆみ「私生活」も買い手なし?

公開日:  更新日:

「ふーん、それがどうかしたの?」――記事を目にした大方の読者の反応はこんなもんだったんじゃないか。浜崎あゆみ(36)の近況についてだ。最新号の女性誌とファッション誌が「別居中」「すでに日本に帰国」などと伝えているが、正確に理解できる読者は皆無だろう。

「それほど、浜崎の私生活は“複雑”なのです。誰もがTOKIOの長瀬智也(36)と結婚すると思っていた2005年、いきなり週刊文春が『米国人デザイナーと婚約』というスクープをブチあげた。このあたりから浜崎の私生活は謎につつまれるようになり、結局は6年後の正月にオーストリア出身のモデルと結婚した。しかし、この1年後には離婚。直後に日本人バックダンサーと交際宣言したかと思ったら、さらにその1年後には今度はロス在住の米国人医大生と結婚しているのです」(女性誌記者)

 最近の雑誌が「別居」と伝えているのは、この大学生とのことらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る