• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浜崎あゆみ 12年ぶりファンクラブツアー復活に“大人の事情”

 神奈川・横浜アリーナで開かれた5日の公演で今年の全国ツアーを終えた歌手の浜崎あゆみ(36)。

 ツアー終了後は、各メディアで「本人史上最長3時間45分の公演時間」「圧倒的な貫禄!」などと報じられ、デビュー17年を迎えた浜崎の“女王健在”ぶりを見せつけた。

 もっとも、華やかな見出しが並ぶ報道の裏で、ここ数年の年間公演数と観客動員数は右肩下がりだ。2010年は延べ40万人を動員していたものの、11年は28万人、14年は10万人と寂しい数字に。今年はやや盛り返したが、17万3000人とかつての面影はない。

 その上、ツアー終了の翌6日には、コンサートチケットが無料でバラまかれていたと一部メディアに報じられた。浜崎の熱狂的ファンとみられる若い資産家が100枚単位でチケットを購入し、LINEで希望者を募った上で無償で譲渡していたというのだ。報道では、浜崎側が関与していたかは不明だとしているが、“太い客”の大量購入がなければ、少なからぬ数の空席が発生していた可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る