浜崎あゆみ 12年ぶりファンクラブツアー復活に“大人の事情”

公開日:  更新日:

 神奈川・横浜アリーナで開かれた5日の公演で今年の全国ツアーを終えた歌手の浜崎あゆみ(36)。

 ツアー終了後は、各メディアで「本人史上最長3時間45分の公演時間」「圧倒的な貫禄!」などと報じられ、デビュー17年を迎えた浜崎の“女王健在”ぶりを見せつけた。

 もっとも、華やかな見出しが並ぶ報道の裏で、ここ数年の年間公演数と観客動員数は右肩下がりだ。2010年は延べ40万人を動員していたものの、11年は28万人、14年は10万人と寂しい数字に。今年はやや盛り返したが、17万3000人とかつての面影はない。

 その上、ツアー終了の翌6日には、コンサートチケットが無料でバラまかれていたと一部メディアに報じられた。浜崎の熱狂的ファンとみられる若い資産家が100枚単位でチケットを購入し、LINEで希望者を募った上で無償で譲渡していたというのだ。報道では、浜崎側が関与していたかは不明だとしているが、“太い客”の大量購入がなければ、少なからぬ数の空席が発生していた可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る