浜崎あゆみ 12年ぶりファンクラブツアー復活に“大人の事情”

公開日:  更新日:

 神奈川・横浜アリーナで開かれた5日の公演で今年の全国ツアーを終えた歌手の浜崎あゆみ(36)。

 ツアー終了後は、各メディアで「本人史上最長3時間45分の公演時間」「圧倒的な貫禄!」などと報じられ、デビュー17年を迎えた浜崎の“女王健在”ぶりを見せつけた。

 もっとも、華やかな見出しが並ぶ報道の裏で、ここ数年の年間公演数と観客動員数は右肩下がりだ。2010年は延べ40万人を動員していたものの、11年は28万人、14年は10万人と寂しい数字に。今年はやや盛り返したが、17万3000人とかつての面影はない。

 その上、ツアー終了の翌6日には、コンサートチケットが無料でバラまかれていたと一部メディアに報じられた。浜崎の熱狂的ファンとみられる若い資産家が100枚単位でチケットを購入し、LINEで希望者を募った上で無償で譲渡していたというのだ。報道では、浜崎側が関与していたかは不明だとしているが、“太い客”の大量購入がなければ、少なからぬ数の空席が発生していた可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る