浜崎あゆみ 12年ぶりファンクラブツアー復活に“大人の事情”

公開日: 更新日:

 神奈川・横浜アリーナで開かれた5日の公演で今年の全国ツアーを終えた歌手の浜崎あゆみ(36)。

 ツアー終了後は、各メディアで「本人史上最長3時間45分の公演時間」「圧倒的な貫禄!」などと報じられ、デビュー17年を迎えた浜崎の“女王健在”ぶりを見せつけた。

 もっとも、華やかな見出しが並ぶ報道の裏で、ここ数年の年間公演数と観客動員数は右肩下がりだ。2010年は延べ40万人を動員していたものの、11年は28万人、14年は10万人と寂しい数字に。今年はやや盛り返したが、17万3000人とかつての面影はない。

 その上、ツアー終了の翌6日には、コンサートチケットが無料でバラまかれていたと一部メディアに報じられた。浜崎の熱狂的ファンとみられる若い資産家が100枚単位でチケットを購入し、LINEで希望者を募った上で無償で譲渡していたというのだ。報道では、浜崎側が関与していたかは不明だとしているが、“太い客”の大量購入がなければ、少なからぬ数の空席が発生していた可能性は高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る