浜崎あゆみvs倖田來未 パチンコ舞台に火花散らす元歌姫

公開日:  更新日:

 全盛期はともに「日本レコード大賞」を受賞した浜崎あゆみ(36)と倖田來未(31)。ともにエイベックスのエースの座を争い、火花を散らした時期もあったが、現在はかつて予想だにしなかった場所で熱く火花を散らしている。

 先月から全国のパチンコホールで稼働しているのが「CR浜崎あゆみ2」と「CR倖田來未4」。ともに、2人のライブ映像とヒット曲を使用し、ド派手なリーチアクションで話題になっている。

「2人のファン層は20代から30代の割と派手めでイケイケな女性が多い。いわゆる『マイルドヤンキー』にウケがいいのが2人の共通点です。地方を中心にマイルドヤンキー同士のカップルがホールでヒット曲を口ずさみながら打っている姿は日常風景になっている」(パチンコ業界関係者)

 音楽業界が不況下のいま、パチンコ台のロイヤルティーは大ヒットしたら数十億円ともいわれるだけに、かつての歌姫たちも必死というわけだ。

 ちなみにレコ大受賞歌手では氷川きよし、AKB48もパチンコ台を発売。本番の賞レース以上に激しくシノギを削っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る