大胆露出で出産シーン熱演 “肉食”藤原紀香の衰えない色香

公開日: 更新日:

 年を重ねるにつれて守りに入る女性が多い中、女優の藤原紀香(44)は“攻め”の姿勢を忘れていない。

 WOWOWドキュメンタリー番組「イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ」の日本版吹替えを担当した紀香は25日、都内で行われた公開アフレコに出席。集まった報道陣の前で、ハムスターの出産シーンを「おぉ…うっ!」と臨場感たっぷりに演じきった。

 さまざまな動物の生殖行動を説明する同作品では、セックスなどの性的なワードがたびたび登場する。「自分の買っている犬や猫の交尾に赤面したこともある」と話した紀香だったが、「この物語を見たらエッチでいやらしい言葉という昔の概念はなくなった。小学校の教材にしてほしいくらい」と胸を張った。

 その後の囲み取材では、紀香の恋愛事情を聞きだそうとするレポーターから「野性的な男性はどうか」と尋ねられると、「野生的な男性は好きです」ときっぱり。「(結婚は)まだまだ先?」との質問には「そうですね」と答え、笑顔で会場を後にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る