• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

波乱の人生も今や大臣妻 高見恭子がつかんだ理想の居場所

「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2015」では、夫で文部科学大臣の馳浩と共に受賞したタレントの高見恭子(56)。以前から「互いの収入も貯金も知らない」と自立した夫婦関係をアピールしていたが、授賞式では一転「結婚してから一緒の布団でずっと寝ている」とアツアツぶりを披露した。

 1959年生まれ。東京都渋谷区出身。作家の高見順(本名・高間芳雄)と愛人の小野田房子との間に生まれる。高見順はプロレタリア文学運動に参加し、35年「故旧忘れ得べき」で第1回芥川賞候補に。小野田房子は高見のその後の小説「生命の樹」に登場するホステスのモデルだった。晩年は「死の淵より」など詩人として活躍する。63年食道がんを患い、4度手術したが、65年死去。亡くなる10日前に、恭子は高見の正妻の秋子の養女となり、高間家の籍に入った。6歳の時だった。抱かれたり、膝に乗せられた記憶がなかったが、後年、父親のことを次のように語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  6. 6

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る