波乱の人生も今や大臣妻 高見恭子がつかんだ理想の居場所

公開日:  更新日:

「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2015」では、夫で文部科学大臣の馳浩と共に受賞したタレントの高見恭子(56)。以前から「互いの収入も貯金も知らない」と自立した夫婦関係をアピールしていたが、授賞式では一転「結婚してから一緒の布団でずっと寝ている」とアツアツぶりを披露した。

 1959年生まれ。東京都渋谷区出身。作家の高見順(本名・高間芳雄)と愛人の小野田房子との間に生まれる。高見順はプロレタリア文学運動に参加し、35年「故旧忘れ得べき」で第1回芥川賞候補に。小野田房子は高見のその後の小説「生命の樹」に登場するホステスのモデルだった。晩年は「死の淵より」など詩人として活躍する。63年食道がんを患い、4度手術したが、65年死去。亡くなる10日前に、恭子は高見の正妻の秋子の養女となり、高間家の籍に入った。6歳の時だった。抱かれたり、膝に乗せられた記憶がなかったが、後年、父親のことを次のように語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る