波乱の人生も今や大臣妻 高見恭子がつかんだ理想の居場所

公開日:  更新日:

「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー2015」では、夫で文部科学大臣の馳浩と共に受賞したタレントの高見恭子(56)。以前から「互いの収入も貯金も知らない」と自立した夫婦関係をアピールしていたが、授賞式では一転「結婚してから一緒の布団でずっと寝ている」とアツアツぶりを披露した。

 1959年生まれ。東京都渋谷区出身。作家の高見順(本名・高間芳雄)と愛人の小野田房子との間に生まれる。高見順はプロレタリア文学運動に参加し、35年「故旧忘れ得べき」で第1回芥川賞候補に。小野田房子は高見のその後の小説「生命の樹」に登場するホステスのモデルだった。晩年は「死の淵より」など詩人として活躍する。63年食道がんを患い、4度手術したが、65年死去。亡くなる10日前に、恭子は高見の正妻の秋子の養女となり、高間家の籍に入った。6歳の時だった。抱かれたり、膝に乗せられた記憶がなかったが、後年、父親のことを次のように語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る