• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

「薔薇の名前」(88年・仏・伊・西独)

イラスト・クロキタダユキ

「信仰と狂信は紙一重」

 14世紀の中世ヨーロッパ。山奥にたたずむ僧院を舞台に謎の連続殺人が発生。ヨハネの黙示録に沿って殺害された死体には、どれも舌と指先に不気味な斑紋が残されていた。記号論学者ウンベルト・エーコ原作の20世紀最大のミステリーは、冒頭からファンをぞくぞくさせるシーンが続く。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事