急逝から3カ月 川島なお美さん「手記」出版の“仕掛け人”

公開日:  更新日:

 今年9月に肝内胆管がんで急逝した川島なお美さんの手記「カーテンコール」(新潮社)が8日、発売となる。

 54歳という若さでこの世を去って3カ月。がんを患いながらも治療より仕事を優先した「生涯女優」の生きざまがつづられており、中には手術前夜に病室でつづった「遺書」の内容にも触れているという。最期まで諦めない強靱な精神力、そして一語一語に秘めたその思いは計り知れない。

「実は川島さんに執筆を勧めたのはプライベートでも仲の良かった作家の林真理子さんだと聞きます。同じく親交の深かった編集者と一緒に企画を進め、川島さんが復調したタイミングで闘病記として発売するつもりだったのが、残念ながら遺作となってしまったそうです」(出版界事情通)

 全330ページに及ぶ同本は夫でパティシエの鎧塚俊彦さんが前書き、各章の追記、あとがきなどを執筆した共著という形での発行。ボルドー色の帯には「妻と夫、二人で完成させた奇跡の物語。」なるコピーが躍っているが、「涙なくしては読めない濃厚な内容」(前出の事情通)だという。

 ワインで献杯しながら読むのが故人への供養になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る