急逝から3カ月 川島なお美さん「手記」出版の“仕掛け人”

公開日: 更新日:

 今年9月に肝内胆管がんで急逝した川島なお美さんの手記「カーテンコール」(新潮社)が8日、発売となる。

 54歳という若さでこの世を去って3カ月。がんを患いながらも治療より仕事を優先した「生涯女優」の生きざまがつづられており、中には手術前夜に病室でつづった「遺書」の内容にも触れているという。最期まで諦めない強靱な精神力、そして一語一語に秘めたその思いは計り知れない。

「実は川島さんに執筆を勧めたのはプライベートでも仲の良かった作家の林真理子さんだと聞きます。同じく親交の深かった編集者と一緒に企画を進め、川島さんが復調したタイミングで闘病記として発売するつもりだったのが、残念ながら遺作となってしまったそうです」(出版界事情通)

 全330ページに及ぶ同本は夫でパティシエの鎧塚俊彦さんが前書き、各章の追記、あとがきなどを執筆した共著という形での発行。ボルドー色の帯には「妻と夫、二人で完成させた奇跡の物語。」なるコピーが躍っているが、「涙なくしては読めない濃厚な内容」(前出の事情通)だという。

 ワインで献杯しながら読むのが故人への供養になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

もっと見る