日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急逝から3カ月 川島なお美さん「手記」出版の“仕掛け人”

 今年9月に肝内胆管がんで急逝した川島なお美さんの手記「カーテンコール」(新潮社)が8日、発売となる。

 54歳という若さでこの世を去って3カ月。がんを患いながらも治療より仕事を優先した「生涯女優」の生きざまがつづられており、中には手術前夜に病室でつづった「遺書」の内容にも触れているという。最期まで諦めない強靱な精神力、そして一語一語に秘めたその思いは計り知れない。

「実は川島さんに執筆を勧めたのはプライベートでも仲の良かった作家の林真理子さんだと聞きます。同じく親交の深かった編集者と一緒に企画を進め、川島さんが復調したタイミングで闘病記として発売するつもりだったのが、残念ながら遺作となってしまったそうです」(出版界事情通)

 全330ページに及ぶ同本は夫でパティシエの鎧塚俊彦さんが前書き、各章の追記、あとがきなどを執筆した共著という形での発行。ボルドー色の帯には「妻と夫、二人で完成させた奇跡の物語。」なるコピーが躍っているが、「涙なくしては読めない濃厚な内容」(前出の事情通)だという。

 ワインで献杯しながら読むのが故人への供養になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事