• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川島なお美さん 生前語っていた私生活とスキャンダルの真相

 川島なお美さんが24日にこの世を去った。54歳、余りに早すぎる死だ。

 敵も多く、スキャンダルも報じられた女優だが、その発言は率直かつ印象に残るもので、流行語にもなった。その川島さんが4年前、本紙連載「魔性の女と呼ばれて…」でスキャンダルの真相、プライベートを語ってくれた。

 最初の洗礼はカンニング騒動。デビューして通っていた青学大3年のこと。試験でカンニングしたが、反省し、追試するようにいわれてクリアしたという。ところが、1カ月後「記事になるらしい」と連絡があり、ものすごい騒ぎになって、番組の中で「『世間をお騒がせして申し訳ありません』と謝罪し、出演を自粛することになりました」。この騒動は「心にクギを打ち込まれたようでした」と語った。

 川島さんといえば、82年から出演したバラエティー「お笑いマンガ道場」(日テレ系)。この番組に触れられるのを嫌がっていると伝えられていることには「ドラマの撮影で演技に集中しているときに『マンガ道場』のことを聞かれ、少しムッとして『その話はちょっと』と言ったのが発端かもしれません。言葉はときにウイルスのように蔓延していきます」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る