川島なお美さん 生前語っていた私生活とスキャンダルの真相

公開日: 更新日:

 川島なお美さんが24日にこの世を去った。54歳、余りに早すぎる死だ。

 敵も多く、スキャンダルも報じられた女優だが、その発言は率直かつ印象に残るもので、流行語にもなった。その川島さんが4年前、本紙連載「魔性の女と呼ばれて…」でスキャンダルの真相、プライベートを語ってくれた。

 最初の洗礼はカンニング騒動。デビューして通っていた青学大3年のこと。試験でカンニングしたが、反省し、追試するようにいわれてクリアしたという。ところが、1カ月後「記事になるらしい」と連絡があり、ものすごい騒ぎになって、番組の中で「『世間をお騒がせして申し訳ありません』と謝罪し、出演を自粛することになりました」。この騒動は「心にクギを打ち込まれたようでした」と語った。

 川島さんといえば、82年から出演したバラエティー「お笑いマンガ道場」(日テレ系)。この番組に触れられるのを嫌がっていると伝えられていることには「ドラマの撮影で演技に集中しているときに『マンガ道場』のことを聞かれ、少しムッとして『その話はちょっと』と言ったのが発端かもしれません。言葉はときにウイルスのように蔓延していきます」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る