川島なお美さん 生前語っていた私生活とスキャンダルの真相

公開日:  更新日:

 川島なお美さんが24日にこの世を去った。54歳、余りに早すぎる死だ。

 敵も多く、スキャンダルも報じられた女優だが、その発言は率直かつ印象に残るもので、流行語にもなった。その川島さんが4年前、本紙連載「魔性の女と呼ばれて…」でスキャンダルの真相、プライベートを語ってくれた。

 最初の洗礼はカンニング騒動。デビューして通っていた青学大3年のこと。試験でカンニングしたが、反省し、追試するようにいわれてクリアしたという。ところが、1カ月後「記事になるらしい」と連絡があり、ものすごい騒ぎになって、番組の中で「『世間をお騒がせして申し訳ありません』と謝罪し、出演を自粛することになりました」。この騒動は「心にクギを打ち込まれたようでした」と語った。

 川島さんといえば、82年から出演したバラエティー「お笑いマンガ道場」(日テレ系)。この番組に触れられるのを嫌がっていると伝えられていることには「ドラマの撮影で演技に集中しているときに『マンガ道場』のことを聞かれ、少しムッとして『その話はちょっと』と言ったのが発端かもしれません。言葉はときにウイルスのように蔓延していきます」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る